ひとり天花のブログ

アラ還 気まま暮らし

どて煮

親友より牛すじ肉をたくさん頂いた☺️

彼女の親戚は精肉店を営んでおられる

そのため 我が家に しばしば

お裾分けしてくださる 😊

我が家の家計事情では

購入する事が 難しい

上質なお肉で すじ肉もしかり

赤みが多く 鮮度も高い

 

さてさて 何を作ろうか?

やはり 定番の牛すじカレー

それから そうだ どて煮

ということで まずは下ごしらえ

たっぷりのお水と生姜とネギで

コトコトと1時間半煮詰めました 🥵

煮物は 冬場は部屋が暖かくなるので

楽しいけど 夏は過酷 

だけど いいお肉で美味しく頂くべく

ここは 我慢 😣

牛すじが柔らかくなったら取り出し

小さめに刻んで

こんにゃくと人参をいれて

砂糖と味噌と醤油とお酒とみりんで

さらに1時間ほど煮込んで

はーい 出来上がり

 

f:id:hitoritenka:20220803080501j:image

お肉がトロトロで

美味しく出来上がりました

            ヽ(*^ω^*)ノ

 

 

窮鼠猫を噛む

このことわざの意味は

追い詰められて逃げ場がなくなった

ネズミは猫にかみつく

弱者も絶体絶命の窮地に追い込まれると必死に反撃することのたとえ

 

そして3つの教訓がある

・弱い者でも諦めずに強い者に反撃するべき

・逆襲される可能性があるため

どんなに弱い相手でも追いつめるの

は得策ではない

・相手が弱くても油断してはならない

 

もうすぐ2年を迎えようとしている

一方的な攻撃に 眠れなくなり

食べられなくなり 気力も低下し

精神バランスを崩した

周りの手助けと一緒に戦う仲間の存在で

徐々に前を向けるようになった

この間 1つずつ 結果を出し

反撃に挑んできた

いよいよ 山頂がみえてきた

なかなか進展しない状況に

感情が爆発し もうやめてしまおうと

何度も思った 

落ち着きを取り戻し もう一度

初志貫徹を貫こうと奮い立つ

この繰り返しでここまできた

 

窮鼠猫を噛む

まさにこのことわざ通りとなっている

 

最後の最後まで 諦めず 

前に進んでいこう 

        \\\\٩( 'ω' )و ////

 

 

 

 

性格が合う

この歳になり やっとわかった事がある

人は価値観や考え方や生き方が

それぞれ違う

そんな中でも 性格の合う人と

合わない人がいるということ

 

合わない人と一緒にいると

ひたすら相手に合わせる事が必須となる

自分の考えを伝えても 一方通行で

理解してもらうために労力を使う

でも 結局 理解されない 

そんなことを繰り返す間に

トラブルが続き ストレスを抱え込む

逆に合わせてもらっている方は

楽しくて仕方ないし 友達だと錯覚する

 

道徳の授業で

皆んなと仲良くすること

友達をたくさん作ること

それが美徳であると習った

友達が少なく仲良くする事が苦手な子はダメな子と言われた   

純粋なこどもは 

自己評価を下げてしまう

 

いえ決してそんな事はありませんと

あの時の自分に教えてあげたい

 

性格の合わない人と無理に付き合う

必要はない

楽しくない時間を共有しなくてもいい

 

1人で自分の好きな事をする時間を

多くもち自分の心を癒やしましょう

心を穏やかにそして豊かにしましょう

自分の性格に合う人が 今はいなくても

必ず会えるからね

その時に その人と一緒に

過ごしていけばいいよ〜 

            ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が1番と思っていると

社会的に立場が上になり 

決定権を持つと

独自の意見がすべて正しいと

オリジナル解釈をし 勘違いに陥る

ファッション アクセサリーも

自分にだけに許可を与え

言動 立ち居振る舞い 行動 判断に

至るまで 自己解釈をしていく

自分が1番偉いからと

自分の心を律する事がない(いやできない)

諫言する人がいても 聞き耳をもたず

周囲の人たちも間違いをとめる事を

しなくなる

そして暴君化していく

 

自分をこえる能力をもつ人は

小さな組織の中にも たくさんいる

 

自分の能力を見極め 限界を把握し

自分の考えに対しても

客勘的に見る事が大切になり

管理職という立場になるほど

一歩引いた所に自分の身を置き

冷静に判断する術を身につける必要が

ある (ファッションやアクセサリーではなく)

それが 

自分の身を守り 窮地を救うことに

なるのではないか❓

 

孔子の名言

六十にして耳順

(六十才で人のことばに素直に耳を傾けることができるようなった)

 

だけど 歳を重ねると素直になれず

自分の考えを押し通す人が多い

その暴走を諭したり

ブレーキをかけてけれる人はいない

莫大なエネルギーを注ぎ

逆ギレされてまで 完熟期であるはずの

先人を正してくれる人はいない

 

自分で学び 自分で悟り

自分を律していかなければ

誰も自分のことを救えない

 

自分が1番とおもい 冷静な判断を欠く

最後は 自分で巻いた種を

自分で刈ることになってしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓流ドラマ 復讐劇

韓流ドラマの復讐劇にハマっている

朝鮮王朝3大悪女を彷彿させる

悪女が現代劇に登場する

この悪女の共通点

・なにあともあれ 美女であること

・貧しい家庭で育っている

(両親がいない)

・富裕層のターゲットを見つけたら

 あらゆるチャンスをさぐり 近づく

・決して受け身ではなくガンガン攻めていく

・形から入るべく 高級服を身につける

・人を陥れことに良心が痛まず 平然と嘘をつく

・勘がはたらく

・反骨精神が強く諦めない

・恐ろしいほどの2面性がある

・のしあがるための努力を惜しまない

 

どのドラマも最後は

数々の証拠により 嘘がばれ

悪女の化けの皮が剥がされ

自滅していく

この辺でやめて 現状維持を

しておけば 悪事もバレず

暮らしていけるのにと思うのだが

 

ドラマの中とはいえ 悲しいかな

人間の欲望は 無限

             (*´ω`*)

目的達成したら 更なる欲求が

もっともっとと 留める事がない

 

今の私に ヒットしたドラマのセリフ

「報復は新たな報復を生む」

「私は 受けた恩も仇も倍にして返す」

 

悪女に なりたいとは思わないが

時に この強かさを学び

自分の身を守ることも 必要だと

学んだ

           (΄◉◞౪◟◉`)

 

 

 

 

 

 

ダッフィー ファミリー

6月下旬より縫い始め

ディズニーのダッフィーの仲間たちの

クロスステッチ

 

 

やり始めたら 完成するまで

やり続ける性格なので

猛暑で夏バテの身体に鞭を打ち

クロスステッチに費やす時間を

捻出している

もう一つ相乗効果がある

雑念が浮かんだら

ステッチに集中し1クロスに

ありがとうという言葉を心の中で

刻んでいる

自分で作り出す雑念に

苛立ったり 不安になったりで

今という時間を見つめることができない

私は過去にも未来にも生きておらず

今を生きているのに

これまでの人生

あれこれ考えすぎて

起こってもいない最悪の事態を恐れ

最初の一歩を踏み出せず

チャンスを逃してきたと後悔している

遅ればせながら 考えない練習を

趣味のクロスステッチを通して

実践している

 

f:id:hitoritenka:20220729075615j:image

8割方 出来上がってきている

今日も 集中

        \\\\٩( 'ω' )و ////

 

 

 

 

 

 

原始仏典

自分にとって耳障りな情報に

心がかき乱され 不安になり

実際に起こっていない妄想が膨らみ

不安が不安をよび 怒りに支配される

 

20代30代はころは怒りのまま 

感情を 爆発させ 

家族に八つ当たりしていた

結果 得るものがなく孤立していった

 

50代になり そこそこ学習をした

つもりでも やはり じぶんにとって

耳障りな情報に平常心がたもてない

独女になり 八つ当たりする相手が

不在が幸いし 誰かに感情を

爆発させることがなくなった

それでも 心が動揺し 不快な気分に

支配されている

貴重な人生時間を無駄に過ごしている

事に 焦りと新たな苛立ちが生まれる

 

仏教の教えの検索し私の心に

ヒットした文章がある

 

原始教典の中にあるエピソードで

ある日ブッダ

嫉妬に駆られたバラモン

さんざん悪口をぶつけられるという災難に遭遇する

周りの人は青ざめたり 激高したりと

騒然となった

でもこのときブッダが返したのは

意外な言葉だった

「あなたがふるまったごちそうを客人が食べなかったら その食事は あなたのものになるだろう」と語りこう続けた

「私は あなたが差し出す食事(つまり怒りの言葉)を受け取らない だからそのまま持って帰るがよい」     「あなたが食べるのは あなたの自由だけど 私は食べません(反応しません)よ」という意味 

 

外の世界も 他人も いろんなことを

言ってくるし よからぬ考えを

向けてくる 

でも それに反応したら       自分の中に苦しみが生まれる

その苦しみを長引かせるのが

妄想

人の心には 記憶や良しあしの判断

先行きへの不安や心配

社会にあふれる情報や話題など    妄想する材料は いくらである

しかし 

このままなら怒りは いつまでも続く

だから

ブッダに学んび

「怒りをつくっている妄想」に

気をつける

難しいけれど 練習です

 

・外の世界・相手に妄想から入らない

「期待」や「判断」に走らない

・そうした自身の思いに 「これは妄想」と気づく

・不愉快な相手には

「あなたにとってはそうなのですね

(理解はできます)」という立場に立つ

東洋経済オンラインより抜粋

 

実に難しい 

若い頃はそんなの無理と

努力せず 相手のせいにして

自分を 正当化して 苦しみを

遠ざけていた

 

アラ還となり 同じことを繰り返す

自分に いい加減 嫌気がさしている

 

だから 

変われるように努力していこうと

思っている

             :;(∩´﹏`∩);: